FC2ブログ

くいっぽえひめという幸せ

Jリーグ愛媛FCサポーターによる、愛する故郷と愛するクラブのある幸せをカッコつけて記す自己陶酔型日記。

2008 全国行脚

シーズンが終わったところで、ちょいと自分の足跡を備忘録を兼ねて、振り返っておこうかと思います。


3.8   H熊本  853.8km
3・16  A広島   824.1km 
3.20  A徳島  525.9km
4.5   H鳥栖  853.8km
4.19  H仙台  853.8km
4.26  A甲府  117.8km
5.3   A岐阜  393.6km
5.6   H山形  853.8km
5.11  A横浜    31.1km
5.18  A水戸  136.0km
5.31  A大阪  525.9km
6.21  H横浜  853.8km
7.5   A仙台  373.7km
7.13  A湘南   61.5km
7.19  A熊本 1195.6km
7.30  H徳島  853.8km
8.3   A草津  103.8km
8.9   A山形  387.4km
8.16  H鳥栖  853.8km
8.23  H水戸  853.8km
8.30  A岐阜  393.6km
9.5   H湘南  853.8km
9.20  H甲府  853.8km
9.27  A徳島  630.1km
10.5  H草津  853.8km
10.11 天佐川  853.8km
10.19 A仙台  373.4km
10.25 A横浜   31.1km
11.8  H熊本  853.8km
11.16 天浦和   21.8km
11.23 A福岡 1098.6km
11.30 H山形  853.8km
12.6  A大阪  525.9km


-----------------------------

U-18 高円宮杯

9.7   前橋育英ー愛媛FCユース(正田醤油スタジアム) 103.8km
9.15  鹿児島城西ー愛媛FCユース(駒場スタジアム)    21.8km


-----------------------------



公式戦全44試合中33試合参戦。
自分のポジションを考えると、11試合欠席というのは、恥ずかしい限りですが、
正直、金銭・時間・体力を考えるとこれがMAXだったとも。

しかし、7月以降は2度の広島戦以外はすべて参戦できたことを考えると、日程が厳しかった6月に、もう少し頑張れていたらと、悔しい思いもあります。
通年で考えた時、ここで無理をしたら、後半金が続かないとか、その時は思っていたけど、なるようになるもんなんだから、もっと腹くくって6月に1度でも2度でも飛んでれば、また、見える景色もちがっていたのかなぁと。


それでも、行こうと思うえば行けるもんだという、ちょっとした自信も生まれました。
東京ー九州も陸続き。車で行けば怖くない!!

ナビタイム参照の自宅からスタジアムまでの走行距離(車以外の交通手段もありましたが)を調べると、

今季の移動距離

37887.8km


ユースをおまけに

38139km


愛媛サポの誰よりも、『移動距離』だけは長かったと自負しておきます。
2009 目指せ40000km。


さて、来週は333.9km先の刈谷まで、U-15高円宮杯に行く予定です。
スポンサーサイト



  1. 2008/12/14(日) 11:30:31|
  2. 愛媛FC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

始めれば、終わる。

何事も、ですけどね。
始めれば、いつか終わる。そして、終われば、始まります。


最後、しっかり勝って終わろうと乗り込んだ大阪。
寒空の下でも、CURVAの熱は、最近の試合では一番だったと思う。

結果は出なかった。
悔しさだけが残った2008。

最後だけ、ちょっといい感じで終わるよりは、最後の最後まで悔しい思いをして終わったほうが、
もしかしたら、次の「始まり」を強く意識できるかもしれない。

リセットじゃ意味がない。
たとえ、選手が変わったとしても、愛媛を愛するサポーターは変わらない。

Jに上がった喜びも、今年味わった悔しさも、愛媛が重ねてきたわずかな歴史。
誰と誰が移籍したから、またやり直しじゃない。

徳島に負けた事実は、選手がすべて入れ替わっても、変わらない事実。
俺たちが愛媛FCである限り、消えることのない歴史。


さぁ、2009シーズンのスタート。
オフでもできること、オフだからこそできること、オフにしかできないこと。

俺たちは、毎日が愛媛FC。
  1. 2008/12/13(土) 09:33:13|
  2. 愛媛FC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過去の記憶に惨敗。

相性とか、巡り合わせとか、もはや、そんな軽い言葉ではこの現実を受け止めきれない。

ロスタイムに叩き込まれたシュートは、山形の昇格に賭ける執念や、山形サポの後押しによるものではなく、「愛媛-山形」というカードにおける魔力が働いたと解釈するのが妥当なようだ。



その魔力に、俺はまんまとハマってしまった。
85分をすぎたあたりから、急に過去の記憶に怯え始めてしまったのだ。

06年5月の初対戦で喰らった衝撃の同点弾から始まった悪夢は、7月には2発に化け、9月の終わりにはオフサイドすら無効にした。

拭いきれぬ悪夢。

これに打ち勝つには、戦うしかない。
山形とは対戦できない09シーズン。
その先のシーズンがどうなるかはわからないけど、次の対戦までに、魔力にも負けない強さを身につけるしかないんだ。

その戦いは、次節から始まる。

愛媛に無駄に出来る試合なんかない。



  1. 2008/12/04(木) 22:42:06|
  2. 愛媛FC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

くいっぽえひめ

Author:くいっぽえひめ
愛媛FCと日本代表を応援するサッカーが好きな人です。
D'Arcやってます。

人の意見に流されます。
無駄にこだわりが強いです。
もう若くありません。
人の好意には素直に甘えます。
言葉は大事にします。
サッカーが大好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する