くいっぽえひめという幸せ

Jリーグ愛媛FCサポーターによる、愛する故郷と愛するクラブのある幸せをカッコつけて記す自己陶酔型日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010御礼

早いもので、今年ももう終わりですね。

愛媛FCのオフは、移籍ルールの変更もあって例年以上に遅々として進みませんが、
まぁこんなもんでしょう。


今年は、このわがままなワタクシにお付き合いいただいたたくさんの方々にご協力、ご尽力をいただき、
自身の目標を達成することができました。

来シーズンも楽しいシーズンを過ごせるよう、頑張ろうと思います。

よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 09:23:44|
  2. 愛媛FC
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:13

シーズン終了

ダービーを制し、復活したこのブログも、持ち前の筆不精と遅筆を発揮し、
毎試合更新とはいきませんでした。

まぁ、書きたいときに書けばいいかってテンションで復活させているので、
このブログの存在もだいぶアングラなんで、

そんなペースもありかと思います。


さて、12月4日の富山戦で今シーズン終了。

去年の51試合から36試合に激減した今年の目標は、
去年41試合行ったけど、36試合で皆勤!!

多くの皆様に支えていただき、無事に36試合参戦することが出来ました。


それぞれのスタジアムで、ほんの少しの勇気と、多くのストレスを選手に与えることが出来たならば、
それが、少しでも「勝たなきゃいけない」というモチベーションになったなら、

サポーター冥利に尽きるというものです。


数ヶ月のオフを楽しみます。
  1. 2010/12/07(火) 21:58:26|
  2. 愛媛FC
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

J是好日

オイ!岡部! あれがハンドか 秋の空

まぁもうとっくに冬ですけどね。昔昔、こんな川柳(季語はいってるけど)があったそうな。


いやぁ、負けましたね。

現場での感覚では、VTRを見直した時ほど攻撃している印象はありませんでした。
ディフェンスはうまくいっているものの、中盤のせめぎあいでは押され気味で、
ジョジと内田が単発でいい形を作ったかなくらい。

勝ち点は案外近いのに、この間まで昇格レースに参加していたヴェルディは、やっぱり強いなと。


だから、・・・もちろん勝つために応援してたし、試合中はそんなこと思わなかったけど、
ドローで終わっていれば、ある程度プラン遂行という試合だったのかなと。客観的にみれば。

あれはハンドか?という議論を始めれば、
「手に当たったけどハンドリングの反則ではない」

というのが、サッカーファンとしての俺の見解。


確かにエイゴの腕か肘のあたりにボールは触れているようだ。
だけれども、じゃあそこに腕がなかったらどうなったか?

おそらく、胴体のどこかに当たって、さして変わらぬリバウンドをしただろう。
手に触れていなければ、ゴールに向かい、ゴールインの可能性があったとは言い難い。

つまり、ボールが手に触れたことで、ヴェルディにとって著しく不利な状況に変わったわけではないということ。

ならば・・・。



ま、そういうことです。


悔しいけどね。負けることもサッカーの一部。
きっと、そのうち同じようなシチュエーションで、愛媛がPKを貰うこともあるでしょう。

ここにきての過密日程だけに、選手には勝ち点を取るという栄養剤を得て欲しかったけど、負けは負けなんで、
うまく切り替えて欲しいですね。

千葉の方が切り替えは大変だと思うし。
このあたりのメンタルも、今年の愛媛が試されてるんだと思うよ。




さて、負けちゃったけど、やっぱりこの日はいい日でした。

俺はいったい何人の見知らぬヴェルディサポさんに握手を求められ、「ありがとう」「ありがとう」と声をかけて貰ったのでしょう。

「絶対に味スタで会う時には、笑顔でいい報告をするから」
8月にそう誓っていたヴェルディサポの友達は、会った時泣きそうな顔をしていました。


お礼を期待して署名活動をしたわけじゃないけど、こういうところは、世界に誇りたいJの良さですよね。


愛媛もいつピンチになるかわからないんで、ウチが苦しい時はまた助けてくださいねヴェルディさん。

  1. 2010/11/25(木) 23:23:31|
  2. 愛媛FC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あっという間に

前回の記事から、気がつけば2試合を消化。

その2試合でヒーローになった内田健太は、加入時の印象とはまるで違う、男前な笑顔で言いました。

「サポーターの応援のおかげで勝てましたぁ~!!」


いやいや、ひとえに選手の皆さんとスタッフの皆さんのお力ですよ。


Jに対応しきれず苦しむ北九州、代表やサスペンションで飛車・角落ちとも言える大分。
本気で上を目指すなら、この時期に勝ち点3ずつを獲りたい相手に、自分達の形で、そして我慢を重ねて、
力強く結果を出した選手を見ていると、本当に頼もしく思えます。


でもね。ここまでは何回か来たことがある景色。
何度もはねかえされた壁を越えた先には、いったいどんな景色があるんだろう。

きっとそこには、また新しい壁が立派にそそり立って、
かかって来いよと、我々を待ち受けるんだろう。


その景色を見るために、
そうでなくとも、選手が力になると言ってくれるなら、
俺達がそこにいる意味があるんじゃないか?



週中の祝日、この時期に19時半キックオフ。
さて、愛媛から何人これるかな?


愛媛から来れなくても、愛媛から来ている人は来れるんじゃないかな。


そう。

立ち上がれよ、関東在住愛媛県民。
味スタなんて、すぐそこだ!
  1. 2010/11/22(月) 21:54:33|
  2. 愛媛FC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

挑戦しないか

10月を3分けで終えて迎えた、休み節明けの草津戦。

気がつけば、勝ち点2差まで追い上げてきていた草津に対して、自分達から仕掛けて主導権を握り、
自分達の時間のうちに、きっちり先制点。


勢いにのって、前半のうちに追加点、後半反撃に合うもカウンターで3点目を奪い完勝・・・。

なんてうまく行くほど、愛媛FCは成熟したチームではなかったが、
この日は、勝ちきる強さをしっかり持っていた。


今年愛媛FCが掲げた目標は8位以内。

目標達成を目指すという意味では、横浜FCや隣のクラブが掲げた3位以内と価値が変わるものではないと思っている。

つまり、愛媛FCの「昇格ライン」は8位ということ。

草津戦の勝利で、残り5試合で8位を目指せるだけの、明確な挑戦権を得た。

3位争いをする福岡や東京V、それに千葉あたりとは違うのか?
いや、違わない。

栃木・鳥栖・徳島・岐阜、ちょっと遠いけど熊本も含めた、6チームで7位8位の2枠を争う。
これはもう、昇格レースと同じだ。


まぁ、そのくらい目標達成に必死になろうよという話。
なんの根拠もなく、1試合平均5000人だの6000人だのと軽々しく口にして、
「達成できなかったね(笑)」
といわんばかりの顔をする人間と同じ意識ではいられないんだ。


愛媛FCを追いかけている人なら、草津戦の勝敗によって、
今シーズンの成否を左右する試合になることは容易に想像できたはずだ。

そのうえ、草津戦は温泉なんちゃらと呼ばれるカードらしいし、
名称はともかく草津には浅からぬ因縁を感じる人も多いだろうと思う。

もっと言えば、天皇杯で1週あいた岐阜戦の出来を鑑みても、
ニンスタの雰囲気を高める必要性は言わずもがなだ。


そういう意味では、草津戦の動員数は残念だったし、CURVAの薄さも残念だった。

四国ダービーで感じた熱気がある。
Jでやる以上、はっきり言ってあの日のテンションや人数がスタンダードにならないと、
サポーターとして先はない。

あんなに頑張っている選手達は、勝てばサポーターのおかげと言ってくれるし、サポーターのためにと言ってくれる。


今は、選手達に勝たせてもらってばかりで、せっかくこの時期にこのポジションにいるのに、
応援者としての充実感は薄い。


のこり5試合。ホームゲームはあと2試合。
サポーターの力で勝てたと言えるようなゲームが、
胸を張って「俺達が勝たせた」といえるようなゲームが、

せめてそのホーム2試合くらい出来てもいいんじゃないか。

楽しむことも大事、自分が盛り上がることも大事。
でも、「ここ一番」で、自分の居心地のいいところより一歩踏み込んで、
しんどいけど勝利のために。

その想いがピッチとリンクした時の充実感は、きっと今の居心地のよさを越えるから、
愛媛サポーター、挑戦しないか?

ドローを勝ちに変えるために、負けをドローに変えるために、
このメンバーで戦える試合は、たった5試合。

2010年が愛媛FCのターニングポイントだった。
数年後にそう言えるかどうかは、残り5試合に掛かっている。

さぁ、挑戦しないか。
  1. 2010/11/10(水) 20:38:09|
  2. 愛媛FC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くいっぽえひめ

Author:くいっぽえひめ
愛媛FCと日本代表を応援するサッカーが好きな人です。
D'Arcやってます。

人の意見に流されます。
無駄にこだわりが強いです。
もう若くありません。
人の好意には素直に甘えます。
言葉は大事にします。
サッカーが大好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。